長崎ちゃんぽんとは

長崎で誕生したヘルシーで美味しいラーメン! ~長崎CHAMPON NOODLE~

 

長崎ちゃんぽん・皿うどんは、長崎市で生まれた、長崎のソウルフード。
具材には、豚肉・魚介類とたっぷりの野菜が入っていて、ヘルシーで栄養バランスも抜群です。太くコシのある特製麺にあっさりとした味わいの鶏・豚骨スープが絡みます。
日本で最も人気のある麺料理の一つで、リンガーハットではちゃんぽんが日常食として多くの人から愛され続けることを目指しています。

長崎ちゃんぽんのルーツ

鎖国時代、唯一の開港地であった長崎・出島には独特の文化が生まれました。開国後の明治時代中期、中華料理店の店主が、当時日本に訪れていた、多くの貧しい中国人留学生に、安くて栄養価の高い食事を食べさせるために考案された、と言われています。その後、留学生の間で人気となり、長崎に定着しました。

ちゃんぽんの語源はいろいろとあり、中国の福建語の挨拶「吃飯」(シャポン・セッポンと発音)や「混ぜる」を意味することば「掺混」からちゃんぽんと呼ばれるようになった、という説もあります。

長崎では、ちゃんぽんの具が袋詰めされて売られていることもあり、家庭でも手軽に作られる、庶民の身近な食事、となっています。現在は、リンガーハットが日本全国に展開しているため、長崎ちゃんぽん・皿うどんは、日本全国で、たくさんの人々に愛されています。タイのみなさんにも、是非ちゃんぽんを日常食として召し上がっていただきたい!という強い思いで日々、商品開発に取り組んでいます。

一般的にはちゃんぽんはラードを使い、こってりとした味わいのものが多いですが、リンガーハットの長崎ちゃんぽんは、植物性の脂を使い、ヘルシーで美味しいラーメンです。それに、野菜がたっぷりでカロリーオフ!身体にとても良いラーメンです。

 

PAGETOP